スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物について

ふと考えてみた。

今日の晩御飯は肉じゃがだった。その中には、もちろん牛肉が入ってる。あんまし、肉がでてこないで嬉しかった。
そこでふと思った

なんでほとんどの人間て牛や豚を食べるんだろうって?
てか、そもそもその考えが間違っているのかもしれない。
だって、牛や豚を食べないインド人は約十億人で世界人口の六分の一もいるんだから、ほとんどの人がっていうのは、まさに思い込みなのかもしれない。
なのに、牛や豚を食べれないインド人はかわいそうだと思う。
この発想が、まさに押しづけがましいものなんだろう。
ほとんどのインド人はマトン(羊の肉)を食べている。
でも、日本人はほとんど食べない。
きっとインド人からすれば、こんな美味しいものを食べてないなんて、なんて可愛そうなんだろうと思うかもしれない。
しかし、日本にいて一度たりともマトンが食べれなくて不幸なんて思ったことがない。
だからきっと、インド人にとっても牛や豚が食べれないことなんて不幸でもなんでもないんだろうな。

多分、犬や猫を食べる人からすれば、こんな美味しいものを食べてない人は、なんて不幸なんだろうて思ってるんだろうな。
うちらからすれば、ペットとして可愛がってる猫や犬を食べるなんて人間のすることじゃないと思ってるけど、牛や豚をペットのように可愛がってる人からすれば、それを食べるなんて考えられないんだろうな。
ただ牛や豚をペットにしている人が少ないだけで。

考えた結果
基本的に人間はなんでも食べれる。でも生まれ育った環境でその好みが違うだけだから、自分が、えーって思うものでも否定したり非難したりしちゃいけないんだと思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

そら勝元君は、なんでも食べられるも~~ん!!! そう、なんでも。
  • 2006-02-11
  • りょう URL
  • edit

そんなこともないっすよ
  • 2006-02-11
  • かつ URL
  • edit

なかなかおもろい所に目をつけたね。
食べ物以外でも当てはまることやな。
十人十色、よくいったもんだわ。
  • 2006-02-12
  • まなてぃ URL
  • edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。