スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人にとっての日本

 今晩は、ホテルの友達の家に遊びに行った。思っていた以上に多くの人が来たからびっくりした。なんで、こんなに集まったのかは分からないがなかなか楽しかった。
 たまたま、日本人のゲストからもらった日本のお茶などを持っていたので、みんなに飲ましてあげたら、においを嗅ぐだけで、顔をゆがめていた。飲んだらせきこむ人までいた。お茶がインド人にはうけつけないものだと初めて知った。多分、苦いものが駄目なんだと思う。インドには、激甘か激辛しかないからな・・・違う人にあげたときは、お茶に砂糖をいれて呑んでいたのだ。お茶に砂糖を入れるなよと思った。紅茶やコーヒーじゃないんだから・・・そんなに苦くないぞ。。。麦茶なのに・・・カルチャショックを感じてしまった。
 話は変わってしまうが、インド人に日本人がどんな風に映っているのかが疑問になる。なぜかというと、インド人によく、日本人はゴキブリを食べるのと質問されるからだ。全くなんて失礼な人なんだって感じなんだけど、インド人にとったら日本は外国なんだなと思った。日本人にとたっら、インドが未知なる世界で、インド人にとったら日本が未知なる世界なんだ。日本人も中国人に対して、犬を食べるんでしょ?などと質問したりしていることがあるが、それは、日本人の勝手な創造なだけなのだ。インド人も日本に対して、勝手な創造を膨らましている人が多い。あと、日本は天国だと思っている人が多い。日本にいけばお金に困ることがないと思っている人も多い。日本に凄い憧れがある人も多い。まとめると、インド人にとって日本はごきぶりを食べるほど豊かでリッチな天国のような国となる。どないやねん・・・偏見的な意見かもしれんけど、インド人にそんな質問をされるとは全くもって思ってなかった。逆に俺がしたいよって感じ。ちなみに、インド人はゴキブリを食べません。
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。